1. トップページ
  2. 設備紹介

設備紹介

主要機械設備一覧

HASEGAWAでは常に最新の機械設備を導入しておりますが、実は30年前の機械も大切に現役で使っております。
その大切に扱う気持ちこそがハセガワの原点です。

機械名称・性能 台数
自動プログラム装置(AP40) 2台
AP100 三次元CAD 2台
タレパン(PEGA358) 4×8 1台
C1複合機 4×8 1台
パンチ・レーザー複合機アペリオⅡ 1台
レーザー加工機(アルファ) 4×8 1台
シャーリング(2.2M) MAX3 1台
シャーリング(1.2M) MAX6 1台
シャーリング(0.6M) MAX1 1台
NCスタッドマシン 800×600 1台
NCバリトリ機 600×2000 1台
NCタッピングマシン 1台
ブレーキ2.5M(80t) 3台
ブレーキ1.2M(25t) 2台
ブレーキ0.6M(15t) 2台
各種溶接機 6台
アルミスポット溶接機 1台
エアースポット溶接機 1台
卓上施盤、フライス 1台

設備紹介


[ファイバーレーザー LS3013FC 2.5K]



[(複合機C1)2.5k・2400×1200]



[NCスタッドマシン1000×600]



レーザ加工機 [アルファ]



パンチ・レーザー複合機 [アペリオⅡ]

レーザーとNCをドッキングした機械です。レーザーに加熱された高温ガスによってアルミ・ステンレス・鉄・チタンなど金属全般を高い自由度で加工することができます。
三次元曲線を含む立体形状のものも加工できます。板厚は0.01~6mmまでです。加工直後の素材はかなり熱いためやけど注意。



[NCスタッドマシン]

瞬間的に高電圧をかけ溶接する機械です。
そのため裏面の焼跡、キズ、へこみが残りません。高速な溶接で、狭いポイントの溶接にも取り回しのよい機械です。



[タッピングマシン]

NC、レーザー等で抜いた品物を自動でタッピングします。
コンピューター端末で連結を行っているため自動運転が可能です。


バリ取り機

[バリ取り機]

回転するセラミックローラ間に素材を通すことで表面を研磨します。加工に際して生じた素材の変形も除去します。
ヘアライン、マットなどの表面処理にも使うことができます。



[AP40]

プログラミングサーバです。図面展開、段取りなど多様な機能を備えています。



[ブレーキ HDS]

ネットワーク自動プログラム



[セットプレス]

30年前の機械


長谷川精密板金について

株式会社 長谷川精密板金

株式会社 長谷川精密板金

〒601-8203
京都府京都市南区久世築山町376-12(久世工業団地)
TEL:075-922-4141
FAX:075-922-4545

会社情報の詳細を見る